おいしいリコリスとサルミアッキをさがせ「lakrits Original Salmi」

キンプリの続編がとうとう公開されましたね。
そのうちテレビで見れるしいいか~とか思ってましたけど、
推しのタイガくんがなんだかアツいらしいので、一度劇場で見ておきたいですね。。
応援上映とかあるんかな。


f:id:funde-rectangle:20190311000717j:image

(2019/03/11 写真追加しました。)


さておき、とうとう日本で買えるサルミアッキを見つけました!!!
会社で食べているので、写真はまた別途載せるつもりですが、
全国のヴィレッジヴァンガードにあるような気がする、「lakrits Original Salmi」です。

売れ残ってヴィンテージヴァンガードにおりてこないかなぁ



紙に包まれたほんのりソフトなサルミアッキです。
ポップには世界一まずいお菓子と銘打ってありますが、
味としてはかなーーーーり落ち着いた味です。
まあ売れなきゃ困るわな。

グミの形をしておらず、水を飲むと固くなりバキバキになるので、
これは食えん!!!!!けど食べ物を粗末にするのは不覚!!!!!
となったら回避できるスグレものです。

一袋300円近くしますが、味のせいか一粒でおなか一杯になるので、
コスパもなかなかのもの。
国内で食べるサルミアッキのファーストステップはこれかもしれません。

以前とりあげた、棒状のサルミアッキはどうやらamazonで買えるらしいので、
そっちが手に入るならそのほうが話は早いですが・・・



↓あまりにもキンプリの話できるひとが周りにいないので、ついった復活していいかなくらいの気概はあります

ポップしなないでツアー「神さまは実家に帰る」名古屋

嫁が2DRPGをやったことがないという一言を聞いて、
あぁ、今どきの子だなぁ・・・・と思ったこの頃です。

3Dアクションや3DRPGはやったとこがある上になんと酔わないらしいです。
酒も3Dも酔わないなんて僕敵うわけがないですね。いくらなんでも強すぎる。

ちなみに年末は嫁とずっと家にこもってキングダムハーツの一作目を
プレイしていました。ヤギシミュレーターで鍛えたのでなんとか正気を保てています


そういえば僕のPSNetworkのアカウントIDは「fu-nde」です。
DJMAXしばらくプレイしていますので、もしよろしければぜひ。
という下書き記事を放置して早3か月になります。



おそらくそうしたゲームのようなポップカルチャーのエッセンスを浴びてきたであろう
グループが「ポップしなないで」です。


そのライブに行ってきましたというお話なんですが、
あれよあれよと数か月経ってしまい、とうとうここまで来てしまいました。

今回はそんなライブの感想と
ポップしなないでの編成についてばらばらと書いていきます。
セットリストは忘れてしまいました。ツイッタで上げてるらしいので見てください。

f:id:funde-rectangle:20181223141140j:plain


会場は栄のタイトロープさんでした。
しかし、前に行ったことのあるクラブMIRAIさんの上の階とは。
もしかしたら栄スプリングの時にDIALUCKさんのライブ見てるかもしれない・・・

ピアノとカホンというミニマルな編成なのですが、
アコースティックのようにしっとりとした感じはなく、
疾走感がありガッツリ盛り上がれて楽しいライブでした。

ボーカルのかめがいさんの声がよく響くので、
とても聞き取りやすくて、スキャットをしていても言葉の一つ一つがよく伝わるのが
またよい。あべこべな歌詞なのにすべて綺麗に聞こえてくるのは気持ちがいいですね。


ちなみにこのライブの物販でCD買ったときにかめがいさんに
挨拶
してもらってたのですが、超体調が悪くて塩対応してしまったの
めちゃめちゃ反省しています。ごめんなさい

ポップしなないでのなかで一番好きなの、「ヤンキーラブ」なんですが、
ヨルハアソバナイトを買うのを忘れてしまった。とても惜しいことしたなぁ。。

しかし、ピアノとパーカッションだけという珍しい編成なのですが、
なぜギターやベースをいれないのか?
(ピアノ・パーカッション・ベースの3人組になるとピアノトリオ
 になるそうですね。)

というお話が実はYoutubeで展開されているネットラジオ(?)
オールナイトニッポしの18回でお話されていました。


この動画の中で
「ポップしなないででは言葉を聞かせたい故にシンプルな編成にしたい」
というの聞き妙に納得。

 

 


オールナイトニッポし 第18回 ベースがいない話

 

詳しい内容はこの動画を見ていただきたいのですが、
確かに曲を聞いてもあとから歌詞を読み返すなんてことはよくあることで。
実は今回のライブも予習なしで参加したのですが、
初耳の曲でも8割以上の歌詞が聞き取れたのは
ポップしなないでのライブが初めてかもしれません。
今までセットリスト覚えるのに必死だったからかもしれないけど

 

そのほかにもいろいろな諸事情があるようですが・・・
続きは動画で。

そういえばこの動画をみて思ったのですが、chocolatreさんもピアノトリオ?
にあたるんですかね。いずれにせよ僕はキーボードかピアノの入ったグループが
好きということを再認識しました。

 

ポップしなないでさんは曲をリリースしているだけでなく、
YoutubeTwitterで様々な活動だとかカバーをされているようなので、
それらをチラ見してみるのもいいかもしれません。

結構な頻度でライブをやっているそうで、
2/10(日)には名古屋にも来るそうな!しかしその日はオケカツ!だった・・・

・オフィシャルサイト

 ポップしなないでofficial web site

 

 


マジック:ザ・ギャザリング(Magic: The Gathering)のカード名だけでラップしました

 

↓という記事を岡崎体育さんの「FRIENDS」を聴きながら書いてました。
 トモ・・・ダチ・・・ 

おいしいリコリスとサルミアッキを探せ「Lakerol Licorice Seasalt」

最近PS4をようやく買いました。キャンペーンで5000円も安くなって、
さらにペイペイで20%オフになるのにつられて。

・・・というのもあるのですが、嫁がキングダムハーツ3をやるので、
そのために買った感じです。

ちょうどいいやとおもってDJMAX RESPECTとGoat SImulatorを買って
ちょこちょこやって、気休め程度にPSshareでTwitterに投げてみたりもしてます。
つぶやかないとか言ったくせに。

このシリーズも思い出したころに投稿しようとおもっていたのですが、
いい加減一番おいしいところに踏み込んでいきます。

日本でも一時期フライングタイガーで買うことができた、
スウェーデンのグミ菓子Lakerol です。


Lakerol Licorice Seasalt

 

f:id:funde-rectangle:20181219024819j:plain


Lakerolの原産国はどうやらイタリアのようですが、
スウェーデンではおなじみのようです。ほかの国でも同じものが買えるかは
わかりませんが・・・日本でもIKEAやフライングタイガーでも買えた時期があるため、
比較的流通ルートは多いのかもしれません。

形はミニマムなおはじきのようなもので、
日本で売っているゼラチン質のグミよりもかなり固めです。
噛み応えがありますが、結構歯にくっつくので、なめて食べるのがエレガント。

Lakerolシリーズはリコリスサルミアッキ以外にもいろいろな味がありますが、
個人的にはサルミアッキが一番お気に入りです。

原材料はしっかり見ていませんが、砂糖と着色料を使っていないそうです。
カンゾウの味が利いていて、まあそうだろうなという味ではありますが・・・。

スウェーデンフィンランドではキオスクなどで10クローナや1ユーロで
買えるように、日本でいう100円くらいの感覚で食べることができて、
お財布にやさしいお菓子です。サルミアッキに慣れてくるとこのひと箱を
一瞬で平らげてしまいます。

そこまできたらあなたはサルミアッキ7段。おめでとう!!

もしかしたら今でも日本で手に入るかもしれないので、
手始めにサルミアッキ味じゃないものから食べてみるといいかもしれませんね。



そういえば2018年も、もう12月で、日本とスウェーデン
国交150周年の年ももうすぐおしまいです。

結婚でしばらく忙しく、東京に赴いてスウェーデンのイベントに参加するところ
まではかないませんでしたが、
新婚旅行として北欧に行けたので、記念すべき年に現地の文化に触れられて
本当によかったと思う次第です。

大使館のクリスマスパーティはもう終わってしまいましたが、
12月中も各地でスウェーデンにまつわるイベントをやっているようなので、
ご興味のある方はスウェーデン大使館のページを見てみてください。

↓名古屋でもタカシマヤで今年も北欧展があるようなので、久々に行ってみます。

古都の夕べ

ヤバいです。待たずに書きたくなってしまったので、もう書いてしまう。
ポップしなないでと対バンしてたときのを初めて聞いたんですが、ヤバい。

 


古都の夕べ ニューアルバム「別通」トレーラー

相対性理論の旧メンバーが所属していた、進行方向別通行区分のメンバーが
いらっしゃるんですね。

進行方向別通行区分ではバンド名もじって「リンとして電話」みたいな
歌を歌っていたような記憶がありますが、その成分がさらに濃ゆくなってます。
上のトレーラーじゃピカチューなんて言ってるし。


ポップしなないでとの対バンもでは、
突然曲が終わって謎のMCが始まるというのを何度も繰り返していたのも、

なかなか衝撃的だったのですが、
(っていうかこれからみんなMCこんな感じなの・・・?って
 
正直かなり不安でしたね)


この日。あんまりよろしくないことがあったりで、
お酒に身を任せて(最近習慣づいてて危ない)ライブを聴いていて、
正直あんまり歌詞が頭の中に入ってなくて、だらだらと「あ~~~いい曲ね」と
聴いていたのですが・・・


ボーカルの田中さん「安売り!安売り!安売り!安売り」

ギター「ピピーピピピピ ピピーピピピピ」

なんか聴いたことあるなぁ・・・?


【高音質】呼び込み君 BGM

 

一発KOでした。
くびったけ。

ちなみにこの曲(呼び込み君)、嫁がとても気に入ってます。
古都の夕べさんではなんていう曲かはわかりません。

→「ヤフる」という曲らしいです。


気が付いたら家でCD売っていないか探していたという。
しかし、古都の夕べで検索するとamazonになくて、
メルカリがまっさきに出てくるのどうなのよ

CD持っている人いたら教えてください。


↓物販では売っていたので買っておけばよかったああああああ

おいしいリコリスとサルミアッキを探せ「HARIBO Nappar LIQUORICE」

ZETA DPHをようやくハードしました!
苦手だった階段も最近はそこそこさばけるように。
最近は旅行とかもあってなかなかゲーセンに行けてなかったですが、
またリハビリしたいところ。

このブログさえも更新止まってたほどですから。。。
別記事で書こうと思っていますが、ポップ死なないでのライブで
初めて古都の夕べを聴きました。 進行方向別通行区分の人なんですね。
サイコーでした。。。。CD買っておけばよかった。



さて、今回はいよいよ本命が来ます。

泣く子も黙る、HARIBO様の登場です。

 

f:id:funde-rectangle:20181127235202j:plain


そう、まさかの。あのHARIBOもリコリス菓子を出していたのでした。
形が妙にエッチなのが気になるのですが
リコリス本来の味への登竜門といっても過言ではない一品です。

決め手はパッケージにもあるように、SALTYと書かれた、塩味。

グミに塩?

食べ始めは甘いお菓子に塩っ気なんて余計でしょう、なんて
思ったりもしますが、この塩が欠かせなくなります。

そしてこの塩味が限りなくサルミアッキに近い味を作っています。

これにハマったなら、ウェルカムトゥーアウアーサルミアッキワールド。
リコリスはさることながら、サルミアッキもおいしくなることでしょう。

ちなみにコーラに浸して食べると、いい感じに甘くなっておいしかったので、
試してみるのもいいかもしれません。電気ブランとかお好きな方はハマるかも。

しかしこれ日本に売ってないんかなぁ、ヴィレッジヴァンガードとか
行ってみれば案外あったりするのでしょうか。


電気ブラン飲めるお店に行きたいけれど、Yeah康シティーにあるんかな。。。

おいしいサルミアッキとリコリスを探せ「Fazer Lakritsi」

☆10.5が実はそんなに埋まっていなかったことに最近気づいたので、
ちょこちょこと埋めるようにしている昨今です。今日の収穫は雪月花DPH、ICARUSDPH EXUSIA DPHでした。我ながらなかなか。
今作こそDP八段いけるかな!?!?


さて今日のリコリスは。

・Panda Original Lakumix

f:id:funde-rectangle:20181114013431j:plain


こちらもフィンランドのお菓子メーカー「Panda」のリコリスです。
アクアビットさんのページによると、合成着色料を使っていないんだとか。
体に優しい(?)リコリス菓子のミックスです。

そう、ミックス。いろんな種類があります。
蓮みたいなやつが性癖をがっつり握ってしまったがために買ってしまいました。

蓮みたいな穴ぼこのリコリスはクセが強くなく、
比較的おいしい部類のリコリスでした。
サルミアッキのうまみを知ってしまうと
どこか物足りなさを感じてしまいますが・・・



前回紹介したFazer社のよりかはクセが強めですが、まだ許容範囲。 


本当に問題なのは錠剤みたいなタイプのリコリス
ハーブから来るのか、なんとなくお薬の味がしますね。。。。


ジョークで許されて、かつ残さずなんとか食べられるタイプのリコリス菓子
って感じです。見た目勝負といったところでしょうか。

おいしいサルミアッキとリコリスを探せ「Fazer Lakritsi」

IIDXの新作がとうとう稼働しましたね。
3曲目にLUV CAN SAVE U DPAがいるので、なんとか今作はDP八段がとれそうな
気がします。

8月に新婚旅行でスウェーデンフィンランドにいってお菓子を爆買いしたのですが、
サルミアッキリコリスも実は大量買いしていました。

卒業旅行で北欧に行ったときにもサルミアッキを買ってきているのですが、
皆さん知る常識に違わず、おいしく感じられなくて食べきれませんでした。
完全にジョークグッズ扱いで買ってました。
もうやめときゃいいのに。


で、本件結論から言ってしまうと
不思議なことに最近サルミアッキリコリスが食べたくて仕方ないです。


言い換えればおいしく感じるようになった、ってことなんですが、
道化とかそういうのではありません。本当においしく感じるようになりました。

日本酒みたいに飲み続けると深みがわかるようになる、みたいな
そんな感覚です。

お酒といえばリコリスウイスキーが相性がいいみたいなことを聞きました。
飲んだことはないけど、元は電気ブランみたいな感じになるんでしょうか。
同じような感覚でコーラに漬けて食べるのを職場でやってみましたが、最高にんまい。

 

さて、スウェーデンフィンランドでは、道化の道具にするにはもったいないくらい
いろんなリコリスサルミアッキが売られてました。
新婚旅行で買ってきたサルミアッキをシリーズ形式で
おさらいしてみることにします。


そのまえにリコリスサルミアッキの違いをば。



リコリスWikipedia
 リコリス菓子(リコリスかし、licorice candy)とは
 スペインカンゾウリコリス、甘草の一種)の根およびアニスオイルで味付け
 された菓子である。

サルミアッキWikipedia
 サルミアッキフィンランド語: salmiakki)は、塩化アンモニウムリコリス
 (甘草の一種)による菓子である。
 その他の食品や飲料の味付けとしても使用される。

 

ここでいう甘草は、日常的に口にすることはないですが、お寺の花祭りだとかでふるまわれる甘茶に似た味です。
ハーブや薬草のようなえぐみのある甘さが特徴です。


リコリス自体はアメリカなどの他国でも販売されているようですね。
ぶっちゃけ日本人の味覚にとても合うようなものではないとおもいますが。


サルミアッキは簡単に言えばリコリスに塩味を足したような感じなので、
サルミアッキをおいしく感じるようになるには、まずはリコリス菓子を
食べてみるのがいいと思います。よく考えたら買ってきた黒い物体お菓子の
大半はリコリス菓子でした。

まずは有名どころから。


・Fazer Lakritsi
フィンランドではお菓子の名門といわれるFazer社。

Fazer社はチョコ菓子をメインに、いろんなシリーズを販売していて
どれもおいしいです。
今回の新婚旅行でもそれを知っていて、極限までお菓子を詰められるようにしていて、
とにかくとにかく買いました。本当にこれだけは外れない。確実においしい。

そんなFazer社が出す、棒状のチューインキャンディー型リコリス菓子が
Fazer Lakritsiです。f:id:funde-rectangle:20181111032048j:plain

↑いろんな種類の味があります。

棒の外輪がリコリス菓子、内側が味のついたリコリス菓子なのですが、
全体的に甘めのリコリス菓子で、えぐみはあまりありません。

チョコ、ラズベリーあたりがビギナーとしては食べやすいかも。
触感は少し硬めのハイチュウでした。

ちなみにサルミアッキ味もあって、これはまごうことなきサルミアッキでした。
甘さを捨てて全力の塩味で殴り掛かってくるので初心者は要注意。




↓こんな感じでちょこまかと書くのが性に合っているのかもしれない。